デリケートゾーン正しいシェービングのしかた

デリケートゾーンのシェービング。

シェービング後に毛穴が赤くなったり、ポツポツニキビみたいになったことありませんか・・・?

 

その自己処理の仕方に原因があるかも!!

 

はじめてシェービングをしたという方に多い失敗例で一番のトラブルが毛穴の炎症。

いくつか原因が挙げられます。

・古いカミソリを使用していた

・シェービング後湯船に入った

・保湿をしなかった

・逆剃り、または深剃りをしてしまった

などなど。

当てはまる方は以下のことに気をつけて正しいシェービングの仕方を身につけましょう♪

 

 

シェービングをするときに気をつけたいこと

・新しいシェーバーを使用する

お風呂場に置きっぱなしのシェーバーを使っていませんか?

デリケートゾーンはその名の通りとってもデリケート!!

新しいシェーバーもしくはしっかり消毒・管理された清潔なシェーバーを使用しましょう。

 

・シェービング後は湯船に入らない

お風呂場は雑菌が多い場所。特に浴槽には雑菌がいっぱい!!シェービング後はお肌のバリア機能が崩れやすく、毛穴に雑菌が入りやすいので軽くシャワーで済ませましょう。

 

・シェービング後はしっかり保湿をすること

シェービング後剃った箇所がチクチク痒くなることはないですか?

これはシェービングした毛の断面が太く皮膚を刺激することで痒みが出てきてしまいます。

しっかりと保湿をして毛もお肌も柔らかくしておきましょう。

脱毛が進むにつれ、毛が細く柔らかくなってこれば自然と痒みは無くなっていきますよ。

 

・毛並みに沿ってシェービングを。

しっかり剃ろうと思ってみなさんやってしまいがちなのが逆剃りと深剃り。

逆剃りは毛並みに逆らって(下から上)へ剃ること。深剃りはシェーバーをお肌に押し当てながら剃ること。

デリケートゾーンの毛は太いため、逆剃りをすると毛と一緒に皮膚が持ち上がり、皮膚の表面を傷つけてしまいます。

またシェーバーをお肌に押し当てながら剃ることも然りで皮膚の表面を傷つけてしまいます。

 

まずは以上のことに気をつけてシェービングを始めましょう♪

正しいデリケートゾーンのシェービングのしかた

①まずは長さをカットする。

いきなりシェーバーの刃が入らないのである程度長さはハサミでカットしましょう♪

 

②上から下or外側から内側に向かってシェービング。

下から上に向かって剃るのは厳禁!!

 

失敗しないためにもシェーバーは毛並みに沿って動かしましょう♪

上から下が剃りづらい場合は外側から内側に向かって動かしてもOKです☆

 

【Vライン】剃る範囲を決めたら、肌に押し当てないように優しく剃ります。深剃り・重ね剃りはしないようにしましょう!

【 I ライン】自分の目では確認しづらい部位のため、鏡を使うなどして工夫を。 片方ずつ丁寧に上→下に向かって優しく剃ります。

【Oライン】そり残しの多い部位なので、まずは毛の生えている部分を鏡で確認。お尻を片方ずつ外側に押さえつつ、鏡で確認しながら外側→内側へこまめに剃っていきます。

 

 

デリケートゾーンの保湿にはオイルが一番!!

当サロンではデリケートゾーンにオイルをオススメしています♪

スーッと馴染みが良く、ベタつかない、肌を柔らかくしてくれる。

そしてなんといってもナチュラル!!

ナチュラルというのは原料がそのままということです。

スクワランオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル・・・どれもオイルオンリーで他に原材料が何も入っていない物が多いからです。

デリケートゾーンの経費吸収率は、腕が1だとしたらなんと42倍!!

吸収してしまうので肌に合わないものが入っていたときは大変なことになります。

 

オイルを選ぶ際には原材料をしっかり確認しましょう。

サロンおすすめのオイルはこちら♪

 

 

正しい知識を持ってデリケートゾーンのお手入れができれば女子力もアップ!!

お手入れが面倒くさくなってきたらVIO脱毛しちゃうのもいいです♪

シェービングいらなくなるのでチクチク感から解放されたい方には絶対脱毛がオススメです!